FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[稽古20日目] 初めての通し稽古

ついに、始めから終わりまで一切止めない通し稽古が行われました。
本日が初めての通しですので、まだまだスムーズな流れではないですが、
これから美しい流れになるという予感がビンビンするものでした。

想像を遥かに上回る作品ができそうです。
今回この作品に出会えたこと、ライブでその創造過程を目撃していることに
ゾクゾクとした感情が湧いてきます。

本日、稽古場見学に来てくださった市民の方が、
「こんな場面に立ち会える機会は滅多に無い。本当に見学できていい経験をさせてもらいました。」
と帰りにお声がけくださいました。

稽古とはいえ、舞台上と客席との間で共感が生まれていたことに、
「この作品は間違いないっ!」という確信めいたものを覚えました。

また本日は蘇南中学校の職場研修で、生徒さんが小道具の向日葵づくりをお手伝いして
くださいました。そして午後はケーブルTV可児で職場研修をしている生徒さんも加わり
稽古場見学がなされました。子ども達の目にはどのように『向日葵の柩』はうつったのでしょうか。

本日のサポーター日記はこちら。
■今まで部分ごとに見ていた楽しい場面が、通してみると哀しい。切ない。

■演劇ロフトにうつって初めてのサポーターのお仕事日でした。
 しかも通しで観て、今までバラバラだったシーンがこうやって1つになっていくんだなぁ、、、
 と圧倒されました。ユーモラスなシーンがいろいろある対比のように、シリアスなシーンや
 衝撃のラストが重く、深く感じます。
 本当の完成形がどうなるのか、楽しみです。
 音楽も印象的で良いです。
 いやぁ、マジで観ないとヤバいです、この作品はっ!!

>写真は職場研修でアーラに来た蘇南中学校の生徒さん、小道具作成の様子

蘇南中学校職場研修

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

« PREV  | TOP |  NEXT »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。