スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[初日] 祝!『向日葵の柩』初日!

blogDSC05577のコピー

blogDSC05590のコピー


ついに、ついに、ついに、ついに、
『向日葵の柩』初日の幕があがりました。

お客様が入り、17年振りに生命を吹き込まれることにワクワクとした高揚感があったり、
お客様の反応はどうだろうかという緊張に襲われたり、
これほどの感慨深い感情を抱くのは久しぶりの体験です。

『向日葵の柩』初日にあわせ、本日より「水と緑の広場」にクリスマスイルミネーション
の点灯されました。
開演前、キャストの皆さんも点灯式に参加していただきました。

点灯式に立ち会われたサポーター日記をご紹介します。

■待ちに待った初日!!
 イルミネーション点灯のカウントダウン。
 役者さんたちは円陣を組んで大きな声で・・・・。
 すご~く盛り上がって。
 闇の中にイルミネーションがパパパッ・・・。
 ヒマワリがついたり消えたり。
 館長さんが、「今日はつかないとか消えたとか調子が悪いとは言わないでくれよ」
 って笑ってみえました。

■わくわく、どきどきの初日です。
 運よく点灯式に立ち合わせてもらいました。
 3・2・1 > でパット点灯。
 拍手喝采です。
 公演の無事成功をお祈りしました。

■17時からイルミネーション点灯式がありました。
 演出の金さんを始めとして役者さんたちとボタンを押していました。
 パァッと、とってもきれいなイルミネーションがつき、
 皆で歓声を上げていました。
 きっと舞台もこのイルミネーションのようにたくさんの人の心に
 何かしらの光が灯ると思います。


イルミネーション点灯式も終わり、『向日葵の柩』開演を迎えました。

お客様はどのようにこの舞台をご覧になったでしょうか。いくつか感想をご紹介します。

■とても深いテーマがあって見ていて考えさせられる所も多く、とても良かったです。
 また見に来ます。

■見応えのある舞台でした。役者さんのすごさを間近であらためて実感しました。
 皆さん本当によかった。
 久々にいい舞台でコーフンしました。

■サラン(コーリャンバー)への移動の仕方がもろしろかった。永玉の歌が上手だった。
 サランが楽しくて、店に行きたかった。
 ブルースリー? ヌンチャクの人好き。
 サランラップ。ハーモニカ。

そして終演後は、初日乾杯のセレモニーが行われました。
舞台を終えたキャストの方々を、皆さん温かい拍手で迎えてくださいました。
ありがとうございました。

そしてそして、初日乾杯の後、会場を移して「初日打上げ」が行われました!
みんな、みんな大盛り上がり!
金さんがその場を仕切ってくださり、ひとりひとり可児でこの舞台をつくっていることや
初日の感想など一言ずつ挨拶しました。

サポーターの皆様が手作りしてくださったミニひまわりバッチをその場にいる
全員が胸につけていて、“仲間”というか、ひとつのファミリー的な空間になっていました。


柳さんのお言葉を借りれば、『17年振りに柩の扉が開いた』本日。
明日からも新鮮な気持ちで、気合を入れて美しい向日葵が咲くよう頑張ります。

たくさんの皆様のご来場、心よりお待ち申し上げます。

DSC05625.jpg

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

« PREV  | TOP |  NEXT »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。